Kabamy25のお知らせです。

 

【日時】
日時:8/20(日) 14時-17時
場所:あんさんぶる荻窪 第1教室(3階) ※最寄:JR荻窪駅
地図:http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/katsudo/ensemble/1018713.html
会費:300円

 

【企画】
論点を探そう!評から読みとく斉藤斎藤「人の道、死ぬと町」後半戦
副題:「逆なで」から読みとこう!

 

【内容】
前回(前半戦)の総括のなかで、斉藤斎藤作品を読んでいてときに腹立ちや戸惑いを感じるという意見が出ました。また、前半戦で扱った山田消児さんの評論「斉藤斎藤論(斉藤斎藤には打消し線)」の結びにも『これからも皆の神経を楽しく逆撫でし続けてほしい』とありました。あらためて斉藤斎藤作品の評を参照すると、さまざまな読者の神経を「逆なで」しているケースが見られるようです。もっとも、「逆なで」することが直接ネガティブな評価へと繋がっているわけではないようですが……。
ということで、斉藤斎藤作品の「読者の神経を逆なでする」性質は、作品の一つの特徴と考えられそうだと気づきました。そこで今回のKabamyでは、斉藤斎藤作品の「逆なで」を集中的に分析し、作品に寄与しているか否かを検討してみたいと思います。

 

【進め方】
以下のように進行する予定です(内容は予告なく変わる場合がございます)
一般的な歌集を読む勉強会とは少しやり方が異なりますのでご注意ください。
全てワークショップの流れのなかで行いますし、チームを組んで行いますので、難しそうだなあと構えなくても大丈夫です。

 

・歌集「人の道、死ぬと町」に収録された連作のうち、今回の分析対象として一つ〜複数の作品をスタッフから指定します
・該当作品について書かれた評から、評者が「逆なで」された経験を語っているものをピックアップします
※「逆なで」……今回は『ネガティブな感情を喚起する事』と定義する
・参加者からも該当作品を読んで「逆なで」される感覚があるか発表してもらいます
・なぜ読者が「逆なで」されるかを分析し、その効果があるか否かを検討していただきます
・最終的に「逆なで」の観点から斉藤斎藤作品への評価を提出していただきます


【事前課題・準備資料について】
必要な資料はKabamyスタッフが準備します。参加者での準備は不要です。
事前に指定する連作を読んできていただくことになると思いますが、詳細は参加のご連絡の際にお知らせします。

 

【参加資格】
・前半戦に参加していなくても参加できます
・会員、購読会員のどなたでも参加できます。事前連絡なしで当日飛び入りの参加も歓迎ですが、資料の配布もありますので事前の連絡を推奨します。
・非会員で参加を希望される方は事前の連絡が必要です。

 

【連絡先】
kabamy@kaban-tanka.jp(Kabamy専用アドレス)までご連絡をお願いします。
終了後に二次会(喫茶店)があります。二次会に参加されない方は申し込みの際あわせてお伝えください。


Kabamyスタッフ 久真八志

関連する記事
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL