本企画にともない斉藤斎藤作品に関する評論、また斉藤斎藤自身の発表作品や評論の情報をお寄せいただきました。

以下にその情報をまとめたリストを公開します。(エクセルファイル。Googleドライブ使用)

 

↓クリックしてリンクが開きます

斉藤斎藤に関する資料リスト

 


 

Kabamyレポート(第二十四回)二〇一七年六月十八日(日)
 於あんさんぶる荻窪(第1教室)
 

【参加者】高柳蕗子、久真八志、藤島優実、吉川満、足田久夢、飯島章友、中成、山下一路、河野瑤、乗倉寿明、あかみ (ゲスト)ユキノ進、花笠海月、二三川練、神垣文明、牛尾今日子、伝右川伝右
 
 今回のKabamyは「論点を探そう!評から読みとく斉藤斎藤「人の道、死ぬと町」(前半戦)」です。2月に実施した関心のある歌集アンケート同率一位の斉藤斎藤「人の道、死ぬと町」を取り上げます。たたき台になる評を決めて、それを基に作品について何らかの結論を出していこうと思います。
またKabamy22で考案した長期戦システムを採用します。今回は前後半の、前半戦となります。

 

〈事前課題〉
あらかじめ選定した斉藤斎藤歌集または収録作品に関する評論を参加者に読んでもらいました。
[A]斉藤斎藤論(*斉藤斎藤に打ち消し線)  山田消児
「Es 24号 囀る」2012年11月

 

[B]短歌時評 第82回 「はじまりの対話」と斉藤斎藤  錦見映理子
「詩客」サイト「短歌時評」2012年12月21日
http://shiika.sakura.ne.jp/jihyo/jihyo_tanka/2012-12-21-12517.html

 

[C]一首鑑賞 くす玉から平和のハトが弧をえがくドームの骨の上の青空
都築直子  日々のクオリア 2013年9月13日
http://sunagoya.com/tanka/?p=10927

 

[D]他者と併存すること 花山周子
黒日傘5号 2015年9月28日

 

[E]地上5ミリの視点 大辻隆弘
青磁社ホームページ 短歌時評 2008年2月12日
http://www3.osk.3web.ne.jp/~seijisya/jihyou/jihyou_080212.html

 

〈当日〉
(1) イントロダクション
・各参加者に「主張に同意できるかはともかく、最も重要な論点を扱っている評論」を選んで挙げてもらう。
・人数調整し、取り扱いたい評論ごとにと4人グループを作る。今回はC以外の評論を1グループずつで担当することになった。

A:高柳蕗子、吉川満、足田久夢、乗倉寿明、
B:山下一路、二三川練、神垣文明、牛尾今日子
D:河野瑤、藤島優美、ユキノ進、伝右川伝右
E:中成、飯島章友、あかみ、花笠海月

 

(2) チーム作業 
目的:「歌集『人の道、死ぬと町』の特徴は〇〇である」という結論を出すこと。

・ピラミッドストラクチャー(PS)の作成
各グループで取り扱う評論のロジックを整理してもらう。
ピラミッドストラクチャーとは、文章の【主張】←【理由】←【根拠】←(根拠の根拠……)という構造に整理した図。
なお、ここでは根拠として妥当かどうかは一旦置いておく。
 


・反論の検討
作ったPSの理由と根拠の部分に反論を思いつく限り出す。 

・主張の採用可否を判断
PSを見ながら、反論にどうすれば応えられるかを検討。
反論に応える根拠が用意出来そう→主張を採用
根拠や主張を手直しすれば採用できそう→修正案を立案
・結論を一本化
各チームの結論(対象評論をたたき台にしてできた主張)をまとめる


(3)ラップアップ
各チームごとに発表 
最終的な結論を述べ、その経緯を簡単に説明。

 

A:山田によれば「斉藤斎藤の方法は、私性の極北にあり従来の感覚を逆なでする。必ずしも支持しないが、わかる」という立場で書かれている。斉藤斎藤の意図を説明しきれていないのではないか。
斉藤斎藤作品への違和感を起点にさまざまな検討をしているが、作品を否定はしておらず、評価もしている。ただし結論がはっきりしない部分が多い。山田が「私性」と呼ぶものが不明確で、自意識と言いかえたりしている。
唯一はっきり言っているのが「作者の歌と他人の歌を何の注釈もなしに混ぜたら混乱する」という部分(※)である。「他人の歌に自分の歌をまぜた」という重大で具体的な例に字数をさいていることから、それが「私性」の本質をおびやかす事例として山田はうけとめたと思われる。このような手法で生じる混乱には底なしの不確かさがあるともいえるか。
(※「予言、〈私〉」は発表時、連作に組み込まれている岡井隆の歌の出典表記がなかった。歌集では出典の情報が追加されている)

A

 

B:【斉藤斎藤の歌は、3・11以後に明らかになった現実を提示するための手法で作られている。】なお、“3・11以後”とは、現実の質的変化ではない。
 錦見は、従来のひとつの〈私〉を示す短歌に対して、斉藤斎藤作品は時間や視点の混在があり、複数の「今、ここ」(複数時間、複数の誰かの存在)を表しているとする。3・11以後の現実が変化しており、それは今までの短歌の方法では捉えられない一方で、斉藤斎藤の方法でならば捉えられるかもしれないと錦見は考えているようだ。しかしこの手法はそもそも3・11以後の現実を捉えるために作られたといえるのか、また3・11以後に現実が変化したといえるのかは検討の余地がある。今回、私たちはあくまで3・11以後に「明らかになった」現実を、「把握」ではなく「提示」する手法であるという言い方に留めた。

 

D:【他者の歌の言葉を連作にすることによって斉藤斎藤は当事者しか謡い得ないという短歌の限界を越えようとしている。】
 花山は他者の言葉を使うことで短歌の〈私性〉の限界を超えようとしている、としている。例えば当事者として詠うことはできない限界の問題。
ただ「〈私性〉の限界」と言う表現をしたとき、では〈私性〉とは何かといったおなじみの議論に戻ってしまう。花山の評論は短いためその定義は書かれていない。
私たちは、花山の結論をベースとして、〈私性〉という言葉は曖昧なため排し、より限定的に書き直した。補足:なりかわりで詠うことの倫理を、他者の言葉を使うことで担保しているのではないか。複数の当事者の言葉を扱うために連作である必然性があった、など。

 

E:【斉藤斎藤の視点も吉川のそれと同じく「地上5ミリ」からのものではある。】大辻の評論は論理的には正しいが、結局、斉藤斎藤の目指しているものを捉えきれなくなってしまっているのではないか。
 大辻によれば、斉藤斎藤は吉川宏志による妻を詠んだ作品を「地上5ミリの視点」と分析しつつ妻をやや見下していると指摘している(斉藤斎藤の評論「妻はさびしい」)が、斉藤斎藤のなりかわりのフィクション(「今だから、宅間守」)も「地上5ミリ」である。大辻の言う通り、斉藤斎藤作品も現実から離れた点があるとはいえるが、吉川と斉藤斎藤ではまず目指していることが異なるのではないか。それをどちらも「言葉を発することは本質的に『われ』を現実から引き離す」といっしょくたにまとめてしまうのは、分析の解像度が低いのでは。またそもそも、歌に詠むことと、なりかわり、フィクションを同一視してよいかにも疑問の声があった。

 

〈参加者の声〉
・一つの評論に対してグループで話し合いながら図式化して論じるというやり方は初めてで新鮮でした。評論を初めに読んでいたときとは違った印象を受けたり穴が見えたりと、気づけなかったところに気づくことができてよかったです。また、歌集ではなく歌集の評論を読むことで、歌集に対する理解も深まったように感じました。大変面白かったです。
・考え方やまとめ方を最初に示すのは議論を活発にさせるための手法だと思いますが、短歌についてはみな言いたいことを持って集まっているので、そういった手法なくてフリートークでもよかったのではないでしょうか。
・「評論の言葉尻に振り回されて言いたいことがいろいろ出てきてしまう」という現象のほうがはるかに強くて、本質的なことに迫りきれなかったように思えた。その現象をうまく回避できる方法があれば、みんな余計なことを考えずに済むのだが、と思った。

(記/久真八志)
 

 

 

トラックバック
この記事のトラックバックURL