Kabamy23のお知らせです。

 

【企画】
天使・噴水・宇宙船―杉崎恒夫と井辻朱美、比べ読み!

 

【日時】
日時:4/16(日) 14時-17時
場所:あんさんぶる荻窪 第1教室(3階) ※最寄:JR荻窪駅
地図:http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/katsudo/ensemble/1018713.html
会費:300円

 

【内容】
前回の企画で、二人以上の歌集を合わせて読む「凸凹コンビで読もう」というアイデアが考案されました。今回はそれを応用し、二人の歌人を比較して今まで気づかなかった作品の魅力に迫ってみたいと思います。
そこで取り上げるのは、杉崎恒夫さんと井辻朱美さんです。実は、他の作者はあまり使わないけれどお二人はよく使うモチーフがあります。例えばタイトルにあげた「天使」「噴水」「飛行船」などです。今回はそんな共通モチーフの歌を比較し、作品の中でどんな効果を生んでいるか、それには違いがあるかを検討していきます。

 

〈天使〉
鶏小舎に飼われていたのはマルケスのぼろぼろ天使二月ふる雨 杉崎恒夫
オルガンの長い雨足透きとおり水柱のなか天使の婚姻 井辻朱美

〈噴水〉
捻れつつ立ち直りつつ噴水を支えいるのは水の軟骨 杉崎恒夫
家族づれの幽霊あまた回遊す博物館の噴水まはり 井辻朱美

〈飛行船〉
飛行船ビルの背なかを過ぎるとき空間がちょっとゆがむ学説 杉崎恒夫
飛行船しずかに針路を変えるとき蒼が揺れよう幌のごとくに 井辻朱美

※杉崎恒夫さんの「崎」の字の正式な表記は異なりますが文字化け防止のためこの表記で書いています。

 

【進め方】
今回は久真八志がコーディネーター(?)となり、共通モチーフの歌についての調査結果を発表します。それをもとに、参加者の皆さんにはディスカッションしていただきます。
※内容は変更される場合があります。

 

【事前課題・準備資料について】
事前課題は特にない予定です。

 

【参加資格】
・会員、購読会員のどなたでも参加できます。事前連絡なしで当日飛び入りの参加も歓迎です。
・非会員で参加を希望される方は事前の連絡が必要です。

 

【連絡】

定員はありませんが、人数把握のため参加希望の方はkabamy@kaban-tanka.jp(Kabamy専用アドレス)までなるべくご連絡をお願いします。当日飛び入り参加も可能です。
終了後に二次会(喫茶店)があります。二次会に参加されない方は申し込みの際あわせてお伝えください。

 

以上。

 

Kabamyスタッフ 久真八志

久真八志

関連する記事
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL