Kabamy28のお知らせです。

 

【参加資格】
・会員、購読会員のどなたでも参加できます。事前連絡なしで当日飛び入りの参加も歓迎です。
・非会員で参加を希望される方は事前の連絡が必要です。

参加希望の方はkabamy@kaban-tanka.jp(Kabamy専用アドレス)までご連絡をお願いします。
終了後に二次会(喫茶店)があります。二次会に参加されない方は申し込みの際あわせてお伝えください。

 

【日時】
日時:2/12(月・祝) 14時-17時
場所:あんさんぶる荻窪 第1会議室(1階) ※最寄:JR荻窪駅
地図:http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/katsudo/ensemble/1018713.html
会費:300円

 

【企画】
少年と庭、少女と廊下―千葉聡と佐藤弓生、比べ読み!

 

【内容】
昨年の2月に行い好評だった比べ読み企画の第2弾です。(前回は井辻朱美さんと杉崎恒夫さんでした)
今回取り上げるのは千葉聡さんと佐藤弓生さんです。異なる作風の印象があるお二人ですが、実は、他の作者はあまり使わないけれどお二人はよく使うモチーフがあります。それが「少年」「庭」「少女」「廊下」です。今回はそんな共通モチーフの歌を比較し、作品の中でどんな効果を生んでいるか、違いがあるかを検討していきます。

 

「少年」
海は海 唇嚙んでダッシュする少年がいてもいなくても海 千葉聡
老いやすき少年のごと春昼はおのずとたわむ背骨をもてり 佐藤弓生

 

「庭」
校庭に誰かが誰かを呼ぶ声があふれて春は逃げだしてった 千葉聡
体内にひろがる庭へひとつぶの葡萄の種をのみくだしおり 佐藤弓生

 

「少女」
数学を放って食堂へと急ぐ少女の肩に食いつくカバン 千葉聡
海へゆく日を待ちわびた少女期を思えば海はいまでもとおい 佐藤弓生

 

「廊下」
事務室に赤ペンをとりに行く俺と夕陽がぶつかる 渡り廊下で 千葉聡
工具箱抱いて廊下を渡るとき釘の声する星の声する 佐藤弓生

 

【進め方】
・各モチーフから連想する物事をあげてイメージマップを作ります。
・両作者の作品(複数)を受ける印象に沿って配置します。
・両作者のモチーフの扱い方の特徴をまとめます。
※詳細はKabamy23の記録をご覧ください。
http://kabamy.jugem.jp/?eid=26

 

【事前課題・準備資料について】
ありません。

 

1