一定期間更新がないため広告を表示しています

「歌人アンソロジーに関するアンケート」実施しています。

https://goo.gl/forms/e10aNO5N4ECkK7LD2

誰でも回答できます。よろしくお願いします。

 

===

Kabamy29のお知らせです。

定員はありませんが、人数把握のため参加希望の方はkabamy@kaban-tanka.jp(Kabamy専用アドレス)までなるべくご連絡をお願いします。かばん会員・購読会員は当日飛び入り参加も可能です。

非会員で参加を希望される方は事前の連絡が必要です。

終了後に二次会(喫茶店)があります。二次会に参加されない方は申し込みの際あわせてお伝えください。

 

【日時】【重要!開催場所が変わりました!】

日時:4/8(日) 14時-17時

場所:かたらいの道市民スペース 第1会議室 ※最寄:JR三鷹駅

地図:http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/katarai/top.html

会費:300円

 

【企画】

勝手にアンソロジーを企画しよう!

 

【内容】

「桜前線開架宣言」や最近では「短歌のタイムカプセル」など歌人のアンソロジーが続々と刊行されています。

今回はそんなアンソロジーの企画を勝手に考えてみます。といっても勉強会ですので、目的は面白そうな企画を考えるだけではありません。歌人の選出を通して、現在の短歌を通観する視点を考えてみようという裏の目的があります(裏なのに言ってしまいましたが)

複数の参加者でいろんな視点に気づいてみようと思います。

 

【進め方】

前半:アンソロ企画をプレゼンしよう!

 参加者のうち、数人に自分なりのアンソロ企画のプレゼンをしてもらいます(詳細は「事前課題」参照)

後半:新しい企画をさらにひねり出そう!

 前半で挙げられた歌人をシャッフルして、一本のアンソロ企画をひねり出してもらいます。少人数チームを組んで行います。

 

【事前課題・準備資料について】

※課題は必須ではありません。4〜5人の方にお願いする予定です(希望者優先) 見学のみも可です。

課題:「100年以内に生まれた歌人」を対象に、10人を選出してアンソロジーの企画を考えてください。代表歌は一首以上を添えてください。また対象読者、本のアピールポイント、本のタイトルも考えていただきます。

資料:以上の内容をA4紙片面一枚にまとめた配布資料をご準備ください。

 

【参加資格】

・会員、購読会員のどなたでも参加できます。事前連絡なしで当日飛び入りの参加も歓迎です。

・非会員で参加を希望される方は事前の連絡が必要です。

 

以上、よろしくお願いします。

 

久真八志

 

===

〈企画例〉

企画の例があった方が考えやすいとのご意見をいただきましたので久真の考えた企画例を追加していきます。

あくまで私がやるとこうなるという例ですので、事前課題に挑戦される方は例に縛られず自由に発想してください。

 

[例1]

タイトル:21世紀のダメ男歌

対象読者:男性読者、20代から50代。特に「男らしさ」にどことなく違和感を持って暮らしている男性。

選出歌人:吉川宏志、山田航、奥田亡羊、法橋ひらく、光森裕樹、しんくわ、吉田隼人、等(10人選出してませんが例なのでご容赦ください)

アピールポイント:女性が「女らしさ」を求められるのと同様、男性もまた日々暮らす中で「男らしさ」を求める価値観にさらされている。その価値観に順応できない自分を表現したり、順応できたとしても違和感を表したりすると、既存の価値観では「男らしくない男」つまり「ダメ男」という烙印を押されかねない。しかしこのアンソロジーではそんな男性像をあえて表現している作者たちを集め、実際には多様である男性像を提示することで、「男らしさ」とは何かを考え直す新しい視点を読者に提供したい。タイトルをあえて紋切り型な言い回しにしたのは「確かに今までの価値観ではダメ男かもしれないが、それの何が問題なのか?」という問いかけを込めている。加えて、読者がタイトルを聞いたときに「言い過ぎでは?」と違和感を感じ、読む上での補助線となることを期待している。また対象読者とした層にも特に響くキーワードではないかとも予想する。「21世紀」は現代的であることを意識し、「男歌」は男性らしい歌を意味する短歌用語とかけている。女性歌人のアンソロジーはこれまでもあったが、男性に焦点を合わせたものはほとんどなく、新鮮さがある。なお、タイトルは阿木津英の評論集「二十世紀短歌と女の歌」の語呂がよいので構成を拝借したものだが、内容的な対比があるものではない。

 

 

 

 

 

 

1