Kabamy30のお知らせです。

定員はありませんが、人数把握のため参加希望の方はkabamy@kaban-tanka.jp(Kabamy専用アドレス)までなるべくご連絡をお願いします。当日飛び入り参加も可能です。

終了後に二次会(喫茶店)があります。

 

【日時】【重要!開催場所が変わりました!】

日時:6/10(日) 14時-17時

場所:かたらいの道市民スペース 第2会議室 ※最寄:JR三鷹駅

地図:http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/katarai/top.html

会費:300円

 

【企画】

あなたも短歌の酵母菌!? トマトぐっちょん歌会!

 

【内容】

今回は会員の高柳蕗子さんの歌論集「短歌の酵母」(沖積舎)を扱います。

その中でも巻頭の評論「トマトぐっちょんベイベー!」をテーマにします。

 

――短歌は巨大で長命な「生命みたいなもの」と言える面がある。そして、その「生命みたいなもの」は、短歌に関わる人々に散らばって存在している。人間側から見れば、人は自らの意志で短歌を詠んでいるのだが、短歌の側から見れば、人間の意識に偏在し、人という酵母菌たちに短歌を詠ませているのだ。つまり人と短歌は共生関係にある。(「短歌の酵母」まえがきより抜粋)

 

「トマトぐっちょんベイベー!」を読むと、多くの歌人がトマトをモチーフに歌を詠んできたことによって、トマトが歌材として重層的な意味を帯びてきていることがわかります。歌人は酵母菌として「トマト」を醸してきたといえるかもしれません。歌人が酵母菌として短歌を醸すのは無意識なものですが、今回は高柳さんの評論を念頭に入れつつ、あえて酵母菌としての私たちを少し意識してみようと思います。

それによって参加者一人一人の作歌の意識にどんな影響があるか、「トマトぐっちょんベイベー!」を下敷きにしつつ、話し合ってみましょう。果たしてどんな結果になるでしょうか?

 

【進め方】

前半 とまとぐっちょん歌会

 題詠「トマト」で歌会。参加者は作るにあたって「トマトぐっちょんベイベー!」を一読してくることとします。

後半 座談会 テーマ「今回の企画で歌を作るときに、いつもの作歌と違っていたこと」

 

【事前課題・準備資料について】

参加者は以下の課題をお願いします。見学のみも可。

・評論「トマトぐっちょんベイベー!」を一読する。

 資料リンク(期間限定公開中):https://drive.google.com/open?id=1D_xKrx8JmgMaPZU0-a7KgK-JC0ecqdTN

・題詠「トマト」にて短歌を一首提出する。6/8(金)まで。

 詠み込み指定あり。ただしトマトを指すものであれば「赤茄子」などの異名は可。

 提出先ははkabamy@kaban-tanka.jpとなります。

 

 

【参加資格】

・会員、購読会員のどなたでも参加できます。事前連絡なしで当日飛び入りの参加も歓迎です。

・非会員で参加を希望される方は事前の連絡が必要です。

 

以上、よろしくお願いします。

 

久真八志

1